ONCOLOGY Conference 2019 オンコロジーコンファレンス2019

最先端の技術、研究成果を革新的な医薬品、治療法の開発に結びつけるための特別企画

我が国のがん対策は、昭和40年頃までは集団検診の普及を中心に予防対策が進められてきましたが、近年では、胃がん及び子宮がんの死亡率が低下している一方で肺がん、乳がん等が増加傾向にあり、これらのがん検診も広く行わるようになっています。

一方、がんの疫学的研究及び実験的研究により、ヒトのがんの原因、危険因子もかなり解明され、生活習慣とがんの関係が明らかにされてきたほか、環境中の変異物質、発がん物質、促進物質及びこれらに対する抑制物質の検索も行われ、一部のがんについては一次予防も可能となりつつあります。しかしながら、高齢者の増加に伴い、2015年には約35万人が「がん」で死亡しており、予防から最適な治療法に至るまで対策が急務の状況となっています。

このような状況下で、毎年6万人の参加者を集めて開催されている「ジャパンライフサイエンスウィーク2019」の特別企画として、オンコロジーに特化したプロジェクトを新設することを決定いたしました。

名称 オンコロジーコンファレンス 2019
併設 医薬品開発展、医療機器開発展など全14のテーマイベント
日程 2019年 3月18日(月) 10:00-17:00
会場 東京ビッグサイト 東ホール
主催 UBMジャパン、UBM EMEA、化学工業日報社
来場対象 製薬企業の研究開発部門、バイオ/創薬ベンチャー、
CRO、再生医療関連企業・研究者
参加者数 1,000名(見込み)

日本国内における「がん疾患」の状況

2017年のがん患者数は100万人を超え、2015年は全体で約35万人が、「がん」が原因で死亡。
高齢化に伴い急速にがん患者、死亡者が増加。生涯のうちに2人に1人が罹患すると推定。

部位別がん死亡数の推移(左:男性、右:女性

主要製薬メーカーの抗がん剤の売上高

製薬各社のがん領域の世界売上高

がん治療分野における注目の治療法、技術

個別化医療の推進 (遺伝子解析技術を活用した「抗がん剤」選定)

ロボット支援下内視鏡手術 (2018年4月より保険適用が増加)

免疫療法の開発 (欧米が先行。国内でも臨床研究事例が増加。)

遺伝子治療薬の開発 (世界ではがん以外の疾患向けを含め2,500件の臨床試験が進行中 *2018年1月時点)

簡易的な検査法の開発 (血液、尿、唾液等の採取による検査)

コンファレンス参加対象者

●製薬企業 (抗がん剤の研究・開発、オンコロジー担当部門)
●大学・公的研究機関 (研究者)
●CRO
●再生医療関連企業
●医療従事者

スポンサーシップ

抗がん剤、遺伝子医療等の開発に特化した製薬企業を中心とした聴講者に向けたプロモーションプラン

メニュー サービス内容 料 金
オフィシャルスポンサー
(募集数:3社まで)
①ロゴ掲載(ウェブ、セミナー会場受付前バナー)
②カタログ配布(聴講者へのカタログ配布)
③セミナー参加登録者へのメール広告配信×3回【1社単独】
 (会期後4月10日以降/ ユニーク300~400名を想定)
1,000,000円
コンファレンスプログラムは、2019年1月中旬頃に公開予定です。
スポンサーシップ等のお問い合わせは下記にて受け付けております。

運営事務局(UBMジャパン内)
TEL: 03-5296-1020  Email: promotion@cphijapan.com